ASMR「チャーハンの音」で心地よい空腹を感じる

2020年4月20日

ASMR-チャーハンの音

トークなしでたき火の音だけを90分流す「たき火特番」が人気だった文化放送。

今回は「チャーハン特番」。
チャーハンをはじめ、餃子、チンジャオロースー、唐揚げの調理音を2時間にわたって聞かせてくれました。

放送時間が深夜1時30分~3時半で、小腹が空いてくる時間帯。
料理人が中華鍋を勢いよく振ってチャーハンが飛び跳ねる音に、空腹感が増しました。

生放送は2020年4月19日で、残念ながら終わってしまいましたが、radiko(ラジコ)で1週間聴くことができます。
おそらく、その後はYouTubeで聴けることと推測。

では、この2時間の「チャーハン特番」を見ていきます。

チャーハン特番

「チャーハン特番」とは

ラジオ・文化放送で2020年の4月19日に特別番組『チャーハン特番 ~チャーハンが鍋の上でパラパラ舞うその姿は美しい。まるで桜の花びらが踊っているよう。本当の春がくることを願ってSP~』が放送されました。

野球中継で培った独自の音声収録技術を駆使し、強火で中華鍋を豪快にふって作るチャーハンをはじめ、餃子、チンジャオロースー、唐揚げの調理音を2時間にわたって届ける企画。

ナレーションはオープニングとエンディングだけ。
2時間ひたすら料理の調理音が流れます。

文化放送が過去2回にわたる「たき火の音」番組を流した企画が好評。
それに続く音の番組第3弾として作成されました。

「チャーハン特番」の聴き方

2020年4月20日~26日まではPCかスマホアプリ・radiko( ラジコ)で聴くことができます。
その後は、おそらく「たき火の音」と同じようにYouTubeの公式チャンネルにアップロードされることと推測されます。

今すでにYouTubeにアップロードされている「チャーハン特番」動画もありますが、合法かは?

「たき火の音」はこんな感じだった

「たき火の音」第一弾・第二弾はYouTubeで文化放送公式チャンネルで配信されています。
ちなみに「たき火の音 第二弾」はこんな感じです。

 


こちらもおすすめ
ASMRが嫌いな人に聴いて欲しい音
ASMRが嫌いな人に聴いて欲しい心地よい音7選

続きを見る

© 2020 聴く日和