90分静かに流れる「たき火の音」。疲れた心が癒されるASMR

2020年2月4日

焚き火の音が流れるASMR

90分の間、たき火のはぜる音がひたすら続くラジオ番組。
昨年12月に放送された第一弾は、大変好評だったとのこと。

放送時間は深夜2時。
真夜中に静かに響くたき火の音が、安心感を呼び起こして癒されるとか。

そして、第二弾の放送が決定。2月17日 午前2時~3時30分の予定です。

では、この90分の「たき火の音」はどういう経緯で放送されるのでしょう。

たき火のラジオ番組

「たき火の音」第一弾とは

ラジオ・文化放送で2019年の12月8日に第一弾の「たき火の音」が放送されました。
薪が燃えるだけの番組がノルウェーで高視聴率をとったことを参考にして作ったとのこと。

番組の冒頭とエンディングのナレーション以外は、たき火の音だけがずっと流れる構成。
リスナーは、「たき火の音に癒された」「たき火の音を長時間聴いてられるのかと思ったけど、ずっと聴いてしまった」と高評価。

深夜にもかかわらずツイッターでランキング4位になりました。

「たき火の音」第一弾はコレ

説明

静かな夜にたき火のパチパチとはぜる音だけが響きます。
耳を傾けていると、眠りに落ちていきそうです。

「たき火の音」第二弾

文化放送が2月17~23日にかけて「あったまるね、このラジオ。文化放送たき火ウィーク」を実施します。
90分のたき火特番はその一環で放送される模様。
タイトルは、「たき火特番~意外にも好評だったので第2弾やってみた。今回は最後の方に少しだけ芋煮の音も入れてみた。本当はマシュマロにしたかったけど音にならないので芋煮にしてみた件~」 。

今回は、たき火の音の最後に芋煮の音が入るとのことで、これもちょっと楽しみ。
「3Dオーディオ」技術を駆使して、臨場感溢れるたき火の音を流してくれるそうです。

第一弾もラジオが聴けるスマホアプリ「ラジコ」で放送後、1週間位聴くことができたので、夜に起きていられないという人は、翌日以降にチェックしてみるといいかもしれません。

「たき火の音」第二弾がYouTubeで配信

たき火の音第二弾がYouTubeで公式に配信されました。

 


こちらもおすすめ
心に残った音2019
2019年心に残った音TOP10

続きを見る

© 2020 聴く日和