[2022]目的に合わせて選ぼう!オーディオブック10選を徹底比較

2019年8月22日

小説・ドラマの有料・無料サービス一覧

聴く本・オーディオブックを使う人が右肩上がりに増えています。

オーディオブック.jpでは、2022年7月に会員数が250万人を突破。
アマゾンのオーディブルでは、2018年以降、会員数が4.5倍に。

ここでは、オーディオブックに興味のある方のために、サービスを提供している10社を徹底比較します。

 

結論:どのオーディオブックを選ぶべき?

オーディオブックはどれを選ぶべき

「どのオーディオブックサービスを選ぶべきか」について、結論。

ベストセラーを含めて、ビジネス書も小説も聴きたい

   オーディブル

月額1,000円以下で、ビジネス書中心のオーディオブックを選びたい

   オーディオブック.jp

ビジネス書の要約だけを聴きたい

   フライヤー


オーディオブックは自分の目的にあったものを選ぶと失敗しません。
また、アプリは必須です
アプリで再生できないと長時間聴くのがツラく、制約も多くてストレスを感じるからです。

ほとんどのサービスで無料体験期間があります。
自分に合わなければ解約すれば、料金はかからないので上手に利用しましょう。

オーディオブックサービス10社比較表

オーディオブックを提供している主な10社の比較です。

⇒横スクロールできます

サービス 公式サイト 特徴 料金(月額) 聴き放題 商品数(聴き放題) アプリ ジャンル 自社作品有無
Audible
(オーディブル)
評価 A+

オーディブル ・バランスよいジャンル
・ベストセラー・新刊も対象
1,500円(聴き放題) or
単品購入
400,000
(120,000)
ビジネス書・小説・
児童書・ポッドキャスト
Audiobook.jp
(オーディオブック.jp)
評価 A+
 Audiobook.jp ・ビジネス・自己啓発書が中心
・「聴く日経」が対象
950円(聴き放題) or
1,500円・2,900円 or
月額プランor単品購入
27,000
(15,000)
ビジネス書・小説・
児童書・ポッドキャスト
flier
(フライヤー)
評価 A
flier ・ビジネス書の要約のみ 無料/
550円・2200円
2,900 ビジネス書・教養書
Kikubon
(キクボン)
評価 B 
Kikubon ・エンタメ小説が中心
・無料有
無料 or月額プラン or
単品購入
× 350 小説
青空朗読
(あおぞらろうどく)
評価 B 
青空朗読 ・著作権が消滅した小説
・無料
無料 1,000 小説
Google ブックス
(グーグルブックス)
評価 C
Googleブックス ・Audiobook.jp・Audibleと同じ
ラインナップだが安値購入可能
単品購入 × ビジネス書・小説・
児童書
×
Apple Books
(アップルブックス)
評価 C
Apple Books ・Audiobook.jp・Audibleと同じ
ラインナップだが安値購入可能
単品購入 × ビジネス書・小説・
児童書
×
Litengo
( リスンゴ)
評価 C 
リスンゴ ・角川書店の作品が充実 月額プラン × 10,000 × ビジネス書・小説・
児童書
digigi
(でじじ)
評価 C 
でじじ ・でじじ独自の作品あり 1,650円(月額プラン) or
単品購入
10,000 × ビジネス書・小説・
児童書
Lisbo
(リスボ)
評価 C 
リスボ ・作家・学者等の講演あり 1,650円(聴き放題) 4,000 × ビジネス書・小説・
児童書

注)評価は個人の意見 

 

オーディオブックサービス10社の紹介

オーディブル

Audible(オーディブル)は、アマゾンが提供している聴き放題のサービス。
特徴は、

  • 小説・ビジネス書・児童書などジャンルのバランスがよい。
  • 書籍追加も頻繁で、ベストセラーも対象
  • 初回30日間無料で月額1,500円の聴き放題、単品購入可能

オーディブルの詳細はコチラ >

 

オーディオブック.jp

Audiobook.jp(オーディオブック,jp)は、オトバンクが提供しているサービス。
特徴は、

  • ビジネス書・自己啓発書が中心
  • 書籍追加は頻繁。月替わりでベストセラーを提供
  • 「聴く日経」が聴き放題対象
  • 初回14日間無料・月額950円の聴き放題の他、2料金プランと単品購入を提供

オーディオブック.jpの詳細はコチラ >

 

flier(フライヤー)

フライヤーは株式会社フライヤーが提供するサービス。
専門家が厳選したビジネス書・教養書の要約を読むことも、音声で聴くこともできます。
特徴は、

  • ビジネス書・教養書の要約のみを提供
  • 10分で読め、15分で聴ける高品質な要約
  • 初回7日間無料・月額2,200円の聴き放題の他、2料金プランを提供

フライヤーの詳細はコチラ >

 

キクボン

Kikubon( キクボン)は、株式会社RRJが提供するサービス。
特徴は、

  • 小説(ミステリー・ファンタジー・SF)が中心で、キクボン独自の作品もある
  • 著作権が消滅した作品を無料で聴ける
  • レンタル、単品購入の他、月額プランを提供

キクボンの詳細はコチラ >

 

青空朗読

青空朗読は、一般社団法人 青空朗読が運営。
インターネット上の図書館「青空文庫」の作品を朗読します。
特徴は、

  • 著作権が消滅した文学作品を朗読
  • ナレーターはアナウンサーや朗読を学ぶ人
  • 無料で聴ける

青空朗読の詳細はコチラ >

 

Google Play ブックス

Google Play ブックスは、Googleがオーディオブック.jpのオトバンクと提携してサービスを提供。
アプリでは、マンガ、電子書籍、オーディオブックが楽しめます。
特徴は、

  • ラインナップはオーディオブック.jpと同じだが、商品数は少ない
  • オーディオブック.jpより安値購入可能
  • 単品購入のみ

Google Play ブックスの詳細はコチラ >

 

Apple ブックス

Appleがオーディオブック.jpのオトバンク、及び、アマゾン・オーディブルと提携してサービスを提供。
Appleでは作品を制作していません。
特徴は、

  • ラインナップはオーディオブック.jpやオーディブルと同じだが商品数は少ない
  • オーディオブック.jp、オーディブルより安値購入可能
  • 単品購入のみ

Apple Booksの詳細はコチラ >

 

Litengo(リスンゴ)

リスンゴはKADOKAWAの子会社で、ニコニコ動画などを運営するドワンゴがサービスを提供。
2022年10月1日に、音楽配信ストア『ドワンゴジェイピー』に統合されます。
特徴は、

  • KADOKAWAの書籍が中心で、リスンゴ独自の作品も多い
  • 頻繁にセールが実施
  • 月額330円~の月額プランのみ
  • アプリがなく、ウェブサイトよりストリーミングで聴く

 

リスンゴの詳細はコチラ >

 

digigi(でじじ)

でじじはパンローリング株式会社がサービスを提供。
特徴は、

  • パンローリング社独自の作品が豊富
  • ラインナップは古め
  • 単品購入か、対象本が月2冊聞ける月額1,500円のプラン
  • ウェブサイトよりダウンロードするか、CDで購入

でじじの詳細はコチラ >

 

Lisbo(リスボ)

Lisboは(リスボ)はピコハウスがサービスを提供。
特徴は、

  • 作家・学者・実業家の講演が聞ける
  • ラインナップは古め
  • 月額1,650円の聴き放題のみ
  • アプリがなく、ウェブサイトよりストリーミングで聴く

 

リスボの詳細はコチラ >

 

まとめ

聴く読書・オーディオブックで知識をつけたり、楽しんだりする人が増加しています。

オーディオブックサービスはいろいろありますが、自分の目的にあったものを選ぶと失敗しません。
また、アプリは必須
アプリで再生できないと長時間聴くのがツラく、制約も多くてストレスです。

ほとんどのサービスで無料体験期間があるので、自分に合わなければ解約すれば、料金はかかりません。

目的別におすすめのサービスを上げると、

ベストセラーを含めて、ビジネス書も小説も聴きたい

   オーディブル

月額1,000円以下で、ビジネス書中心のオーディオブックを選びたい

   オーディオブック.jp

ビジネス書の要約だけを聴きたい

   フライヤー

本を聴く、カッコイイ人になって下さいね。


人気記事
オーディブルVSオーディオブック
[2022]聴く本ならどっち?AudibleとAudiobook.jpを徹底比較

続きを見る

人気記事
audiobook.jpの聴き放題レビュー
正直、audiobook.jpの聴き放題プランってどうなの? 体験レビュー

続きを見る

© 2022 聴く日和