[2022]聴く本ならどっち?AudibleとAudiobook.jpを徹底比較

2019年9月3日

オーディブルVSオーディオブック

小説やビジネス書の朗読が聴けるオーディオブックといえば、Audible(オーディブル)とAudiobook.jpが(オーディオブック.jp)が2022年現在、国内の2大サービス。

どちらがおすすめなのでしょう。

最初に結論を言うと、イチオシは2022年に聴き放題になったオーディブル。
月額1,500円で話題のビジネス書や小説、児童書など対象12万冊が聴き放題。30日間無料のお試し期間付き。
魅力とオトク感が超絶アップ、ラインナップが豊富で眺めているとワクワクしてきます。

オーディブルを見てみる

ところで、オーディオブックに月額1,000円以上は払いたくないという人も多いハズ。
コスパ重視の方には、月額880円のオーディオブック.jpの聴き放題プランがおすすめです。

オーディオブック.jpを見てみる

失敗しないオーディオブックサービス選び

失敗しないオーディオブックサービス選びをまとめると、次の通りです。

ポイント

  • 充実したラインナップの聴き放題を選びたい
    ⇒ 月額1,500円のオーディブルがおすすめ
  • コスパ重視で聴き放題を選びたい
    ⇒  月額1,000円以下のオーディオブック.jpの聴き放題プランがおすすめ

 

では、audible(オーディブル)とaudiobook.jp(オーディオブック.jp)について詳細な比較をします。

全体の内容比較

まず、全体を比較してみます。
オーディブルは聴き放題プランのみ提供しています。
オーディオブック,jpは、聴き放題プラン、チケット1枚で1冊の本が購入できるチケットプラン、選択した料金を毎月支払う月額会員プランがあります。

  オーディブル オーディオブック.jp
プラン名 聴き放題 聴き放題 チケットプラン 月額会員
料金 1,500円/月 880円/月、7,500円/年 1,500円、2,900円/月の2種類 550~33,000円/月の7種類
ボーナスポイント × × 500pt(毎月) 60pt~9,000pt(毎月)
聴き放題 × ×
無料体験期間 30日間 14日間 × ×
冊数 120,000冊 10,000冊 20,000冊 23,000冊
対象の本以外の購入 単品購入可能(30%OFF) 単品購入可能 単品購入可能 単品購入可能
ジャンル バランスよく網羅 ビジネス・自己啓発書が多い ビジネス・自己啓発書が多い ビジネス・自己啓発書が多い
解約後聴取 ×
公式サイト >>オーディブルはコチラ >>聴き放題はコチラ >>チケットプランはコチラ >>月額会員はコチラ

 

オーディブル

オーディブルのサービス内容

オーディブルの月額料金は1,500円。
サービス内容は下記の通りになります。

内容

  • 対象の120,000冊が聴き放題
  • 独自のポッドキャストが無料で聴取可能
  • 対象外の本は30%OFFで単品購入が可能

オーディブルのメリット

オーディブルのメリットは下記になります。

メリット

  • ビジネス書・小説・児童書とバランス良く取り揃える
  • 2021年発行のオーディオブックでも対象となっているものがある
  • ダウンロード再生とストリーミング再生ができる
  • 退会しても、ダウンロードした本は聴取可能

オーディブルのデメリット

オーディブルのデメリットは下記になります。

デメリット

  • 分割ダウンロードできる本が限られ、スマホの容量を使う

オーディブルは、分割してダウンロードできるオーディオブックが限られます。
本の長さによりますが、1冊約1000MB前後の容量が必要となります。
スマホの空き容量が少ない人は注意する必要があります。

オーディオブック.jp

オーディオブック.jpのサービス内容

オーディオブック,jpは、聴き放題、チケットプラン、月額会員があります。
サービス内容は下記の通りです。

内容

  • 聴き放題は対象の本が聴き放題。加えて月替わりで約3冊のベストセラーが聴取可能
  • チケットプランは、対象のオーディオブック1冊と交換できるチケットを購入するプラン。
    毎月1,500円で1枚のチケットを購入するシングルプランと、2,900円で2枚のチケットを購入するダブルプランの2つ。
    1,500円以上のオーディオブックでもチケット1枚=1,500円で購入できる。
  • 月額会員プランは、毎月決めた額のポイント購入をするシステム。
    1ポイント=1円で好きなオーディオブックを購入できる。

オーディオブック.jpの使い方
あわせてよみたいオーディオブック.jpの料金プランはどれを選ぶべき?比較してみた

続きを見る

オーディオブック.jp聴き放題のメリット

オーディオブック.jp聴き放題のメリットは下記になります。

メリット

  • 聴き放題では日本経済新聞社の「聴く日経」が対象
  • 本の分割ダウンロードができる
  • 複数の料金プランがあるので自分にあったプランを選べる

オーディオブック.jpのデメリット

オーディオブック.jp聴き放題のデメリットは下記になります。

デメリット

  • ビジネス書・自己啓発書が多く、エンタメ小説が少ない
  • 発行日が古めの本が多い

対象となる本はビジネス書・自己啓発書が多く、エンターテインメント性のある現代小説が少なくなっています。
ビジネス書を聴きたい人におすすめのサービスになっています。

 

まとめ

アマゾン・オーディブルが2022年に月額1,500円のまま、12万冊が対象となる聴き放題に転換しました。
魅力とオトク感が超絶アップ、ラインナップを眺めているとワクワクしてきます。
今、イチオシのオーディオブックサービスと聞かれれば、オーディブルとなりました。

30日間の無料体験もできるので、気に入れば続ければよいです。
いつでも解約できるので、気軽にお試し可能です。

オーディブルを見てみる

「でも、月額1,500円は高いなあ、1,000円以下ならいいけどね。」という人も多いかもしれません。
そういう人には月額880円のオーディオブック.jpの聴き放題プランがおすすめです。
14日間の無料体験ができます。
こちらも、いつでも解約できるので、気軽にお試し可能です。

オーディオブック.jpを見てみる

まとめると、

ポイント

  • 充実したラインナップの聴き放題を選びたい
    ⇒ 月額1,500円のオーディブルがおすすめ。
  • コスパ重視で聴き放題を選びたい
    ⇒  月額880円のオーディオブック.jp聴き放題プランがおすすめ。

 

ちなみに、私はオーディオブック.jpの聴き放題会員でしたが、今はオーディブルの会員です。
今後は条件とラインナップ次第。
どちらのサービスも解約と申し込みが簡単なのがイイですね。

© 2022 聴く日和