音声メディア・ラジオで本の紹介・書評を聴く

2019年9月18日

音声・ラジオで書評を聴く

本を読みたいなと思った時、どう探しますか?

アマゾンランキングを見たり、ネットで本のレビューサイトを見たり、本屋で読みたい本を探したり。

最近は、音声メディアやラジオで本の紹介する番組もあります。
本好きも興味本位の人も集まって、わさわさとにぎわっています。

本を探すのも意外と手間なので、紹介を聴いて次に読む本を決めるのも一手です。

自分で選ぶと本のジャンルも偏りがちなので、違った視点から面白い本との出会いがあるかもしれません。

それでは、音声で本を紹介する番組・サイトを紹介します。

フライヤー

フライヤー

内容

ビジネス書、自己啓発書の内容を10分程度に要約してくれるサイト。
要約の精度が高いところが人気の秘訣。

購入前に、自分の興味とあっているかどうかを吟味できます。
AIによる自動読みあげも導入していて、要約をいちいち読まなくても内容の把握ができます。

たかがAIとあなどるなかれ。

料金体系は、月2冊づつ変更されて全体20冊の無料プラン、有料書籍月5冊で500円のシルバープラン、有料書籍を無制限に使えて月2,000円のゴールドプランの3つ。

無料の会員登録をすれば、無料公開のコンテンツを読むこと・聴くことができます。
無料の会員登録はこちらから

アプリ

フライヤーのアプリダウンロードと使い方はこちら

荒木博行のBook cafe 

声で本の書評

内容

音声メディア・Voicy(ボイシー)で「ビジネスパーソンにすすめたい過去の名著や新刊」と題し、本の内容を紹介してくれます。
毎日30分程度で2冊。

荒木博行さんは、ビジネス書の要約サイト・フライヤーのCOO。
穏やかに話す声から、本を愛する真摯な姿勢が伝わります。

本のプロが易しい言葉で本の魅力を語ります。
ビジネスパーソンでなくても聴いてきて参考になります。

アプリ

Voicyのアプリダウンロードと使い方はこちら

読書のヒロチャンネル

声で本の書評

内容

音声メディア・ヒマラヤでビジネス書・小説の書評を伝えてくれています。
時間は5分程度、1週間に1度位のペースで配信。

ムダなおしゃべりは一切なく、とりあげた本のサマリーや印象に残ったところを淡々と語ります。
配信者の大岡啓之さんは「it's new」という書籍情報サイトを運営。

あっという間の5分です。

アプリ

ヒマラヤのアプリダウンロードと使い方はこちら

BOOKナビ

音声で本の書評

内容

IBC岩手のラジオ番組、「Bookナビ」。
さわや書店の店員さんがおすすめの本を熱く語ります。
インターネットでラジオ「ラジオクラウド」で聴くことができます。

1週間に一度。10分程度。
冒頭で「さわや書店の売れ筋ランキング」を発表。
続いて、おすすめの本について内容や読みどころを紹介してくれます。

さわや店員さんの朴訥とした話し方に好感が持てます。

アプリ

ラジオクラウドのアプリダウンロードと使い方はこちら

Melodious Library

声で本の書評

内容

Tokyo FM他38局のラジオ番組、「Melodious Library」。
有名作家の小川洋子さんが選ぶ1冊の文学と、その本にぴったりの音楽を紹介する番組。

小川洋子さんは「博士の愛した数式」などを書いた有名作家。
作家目線で、一味違う本の解説をしてくれます。

女性におすすめする番組です。

アプリ

radiko(ラジコ)のアプリダウンロードと使い方はこちら

© 2020 聴く日和