短編小説のよう?! Voicyで始まった日経朝刊「私の履歴書」

2020年3月6日

voicy-私の履歴書

話題のチャンネルを次々と開設している、無料の音声サイトVoicy(ボイシー)。

そんなVoicyで、日本経済新聞朝刊に長年掲載され、愛読者の多いコラム「私の履歴書」の音声版が2020年3月2日から始まりました。

Voicyでは、日本経済新聞が既に2つのニュースチャンネルを開設していて、これが3つ目のチャンネルとなります。

ここでは、Voicyの日本経済新聞チャンネルを紹介します。

音声サイトVoicyとは

Voicy

「Voicy」(ボイシー)は、株式会社Voicyが2016年に設立した無料で聴ける音声メディアサイト。
チャンンネル数は200を超え、更に増え続けています。

パーソナリティは、ホリエモンこと堀江貴文さん、お笑いタレントの西野亮廣(あきひろ)さんなどの著名人や、いろいろな分野の専門家など幅広く集められています。
野村證券や毎日新聞など有名企業も参加しています。

Voicyは、次々と新しいチャンネルを開設していて、今、一番伸びている音声メディアといえます。

Voicyを聴くには、アプリを使う方法と、サイトに直接アクセスする方法があります。
Voicyの使い方はこちらをどうぞ。

Voicyの日経関連チャンネル

私の履歴書

日経・私の履歴書

聴きどころ

2020年3月に始まった「私の履歴書」。
日本経済新聞朝刊に連載されている読みもので、昭和35年から続いている名物コーナー。
各界の著名人の自伝が綴られます。

過去には、1週間に一人を紹介していましたが、昭和62年からは、1ヶ月に一人を取り上げるスタイル。

Voicyでの読み手は、元ラジオNIKKEIアナウンサーの白川次郎さん。
ゆったりとした落ち着いた声が内容と大変マッチしています。

時間は5分前後。
短編小説を聴いているような雰囲気になっています。

ながら日経

音声ニュース・ながら日経

聴きどころ

「ながら日経」は、その日の経済・政治のニュースが10分程度で聴ける番組。
オーディションで選ばれた日替わりのパーソナリティが、読み手を務めます。

重要なニュースを短時間で把握できるとあって、Voicyでもランキングの5位以内に入る人気のチャンネルです。

月曜~金曜日 午前6時40分、土曜日午前8時更新。

ヤング日経

音声ニュース・ヤング日経

聴きどころ

「ヤング日経」の対象リスナーは若者。
「ながら日経」が一般的なニュースなら、こちらは若者が関心を持ちそうな、若干軽めのニュース。

しかしながら、見落としがちなニュースを取り上げてくれているので、いい大人が聴いても十分楽しめます。

時間は10分程度で月曜~金曜日の毎日更新。
ナレーターはオーディションを受けて選抜された大学生や20代の男女。

 

こちらもおすすめ
ニュースを音声で
読む手間なし!簡単に把握できる音声ニュースのおすすめ

続きを見る

© 2020 聴く日和